新島村で性病検査をご検討されている方に、

性病検査キットご提案させていただきます。

 

実際に病院で検査するのが安心ですが、近くに性病に対応している

病院がない場合や仕事で忙しい場合、また近所や対面は恥ずかしい

場合などあるはず。

 

 

また病院での性病検査は診察代と検査費用、初診料(はじめての場合)

がかかり、一般的には1検査あたり2000円~4000円かかると

言われています。

 

保険が適用されるものとそうでないものがあり、保険適用なら

3割の負担となります。

 

検査項目が多い場合には2万円~3万円程度となり、

これに診察料がプラスされてしまいます。

 

性病の検査キットを使用すればキット代のみの負担で済みますし、

かなりの出費が抑えられるのも事実。

 

実際に明らかな症状が出てしまっている場合は病院での検査を

おすすめしますが、そうでない場合や疑わしい段階などでは、

検査キットを使うメリットは多いでしょう。

 

また発送の際に、宛名を個人名にしてくれるので

検査キットとはわかりません。

 

クラミジアやカンジタ、HIVや梅毒など様々な性病に対応しており、

35種類の検査が可能。

 

そしてわずか24で検査結果がインターネットでリアルタイムで

確認できるなど、安心安全に検査が可能となっています。

 

もちろん保険証は不要ですし、検査の記録は残りません。

 

放っておくと恐ろしい症状を引き起こす性病ですが、誰にも知られずに

自宅で安心に検査ができるのです。

 



 【放っておくと恐ろしい性病の症状】

 

クラミジア

 

治療せずに放置しておくと、クラミジアが体内深部に進行し、

男性の場合は尿道経由で前立腺炎・副睾丸炎(精巣上体炎)

肝炎・腎炎になることがある。

 

女性の場合は子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎になり、進行すると

骨盤腹膜炎になったり肝周囲炎や卵巣炎を引き起こし、

子宮外妊娠(卵管妊娠)や不妊の原因となることもある。

 

また産道感染により、新生児が結膜炎・肺炎を発症することがある。

また絨毛膜羊膜炎をおこし流産、早産の原因ともなる。


自覚症状にとぼしいため、感染に気づかず保菌している場合が多々ある。


喉に感染すると喉が痛くなり痰が増えたりするが、無症状の場合もある。


クラミジアに感染していると、他の性行為感染症やHIVの感染率が

飛躍的に高くなる。

 

梅毒

 

感染後、10年以内に第三期へと移り、体の表面ないし内側の骨にまで

腫瘍ができるという症状が見られるようになる。

 

さらに症状が進行し、発症してから10年以上経過すると第四期となり、

内臓に腫瘍ができ、脳を含めた神経系に異常をきたすようになり、

最終的には死に至る。

 

HIV(エイズ)

 

末期になると免疫力が激減して、悪性リンパ腫やHIV脳症など

多くの致命的な症状を引き起こす。

 

また現在のところ完治する病気ではないが、治療方法や薬が進歩しており、

エイズの発症を抑えることができる。

 

 

淋病

 

1回のセックスでの感染率が30%といわれている。


淋病はクラミジアとの同時感染が20~30%と高く、

女性の場合は無症状が多いため、知らないうちにパートナーへ

感染させることもある。

 

治療せずにほっておくと、男性は無精子症、女性では不妊症や

子宮外妊娠の原因となる。

 

膣トリコモナス

 

男性が主に感染するところは尿道で、性行為により感染する。


男性にはほとんど症状が出ないが、尿道炎の症状が出る場合もある。

 

女性の場合は、膣だけでなく、子宮頸管(子宮入口の管)、

膀胱、尿道へも感染する。

 

不妊症や早産、流産をまねく可能性もある。


ただし、症状のない感染者が2050%とも言われている。

 

性器カンジタ

 

放っておくと、性器の炎症や排尿障害そして風邪、疲労、

ストレスなどで免疫力が低下したり、ステロイド剤、

抗生物質の乱用や妊娠などで症状が出ることがある。


再発を繰り返す場合もある。

 

 

式根島/本村/若郷